足立区東保木間のくじん骨幹調整療法院。肩こり・腰痛ならお任せ下さい。妊婦さんも大歓迎!

03-5809-6138受付時間:AM9:00〜PM8:00 休診日:日曜日

膝の痛みを考える

2017/07/03
膝が痛む原因としては、大まかに分けると2つあります。

一つは、打撲や捻挫といった外傷性のものです。スポーツなどで膝に負担をかけすぎて痛くなってしまうのもこの部類です。

もう一つは、骨格の歪みによる膝の痛みです。骨格が歪む時には、骨盤や背骨だけでなく必ず肘や手首や膝や足首の関節も歪みます。
骨格を歪ませている原因によって膝が痛い場合、骨格の歪みによって二次的に膝が痛い場合、骨格が歪むことによってズレた重心が膝に過負荷を与えて痛い場合など、これらが原因の場合は整体で良くなります。

そして当然のことながら、前者の外傷性の膝の痛みに対して整体は適応外となります。

さすがに、打撲や捻挫をした場合は誰でも整形外科へ行かれると思うのですが、スポーツをされていて痛くなってきた膝の症状に対しては、「整形外科」へ行くべきか「整体」へ行くべきか迷う方が多いようです。

もし、どちらに行くべきか迷った場合は整形外科へ行って下さい。
半月板や靭帯や筋肉の損傷が見つかれば整形外科での治療となります。

検査の結果、特に異常無しとの診断が出た場合は整体の出番です。
骨格の歪みが原因で痛めている可能性が大いにあります。

では、運動のし過ぎで膝の半月板を損傷していて骨格も歪んでいる場合はどおするのか?
この場合も整形外科での治療を優先して下さい。
そしてある程度痛みが治まってきたら、整体にて骨格の矯正をすると良いと思います。 骨格の矯正をすることによって、膝の関節が正しい位置に戻れば痛みは更に軽減されます。

ちなみに、半月板は再生しない組織ですので、切れてしまった場合はもとに戻ることはありません。

体重の何倍もの負荷に毎日耐えてる膝。

みなさん大切に使っていきましょうね!

営業日カレンダー

×

受付時間AM9:00~PM8:00

アクセス

ブログ


ご挨拶

くじん骨幹調整療法院院長:中橋憲昭
くじん骨幹調整療法院の院長:中橋憲昭と申します。
1967年9月9日生まれ。乙女座のB型です。
整体学校を卒業した後、接骨院や整体院で武者修行をしながら『骨幹調整療法』を開発し2011年足立区東保木間にて開業。
一人でも多くの方を苦痛から開放できるように、日々整体の研究に勤しんでいます。

営業時間
ネット予約
tel:03-5809-6138