妊娠中の骨盤矯正も出産後の骨盤矯正も足立区のくじん骨幹調整療法院の整体にお任せください

マタニティー整体

足立区の整体院|くじん骨幹調整療法院におけるマタニティー整体

妊娠中の肩こりや腰痛でお困りではないですか?
体型の変化にともない、バランスを崩し肩や腰が痛くなってしまいます。

また、妊娠すると体の中もいろいろと変化していきます。そういった変化に対応できずに体調を崩す方もいらっしゃいます。

そういった妊婦さんたちも、骨格を整えて血液のめぐりが良くなると大変元気になります。
肩こりや腰痛も軽減されるので笑顔も増えてきます。

足立区の整体院|くじん骨幹調整療法院では、そういった妊婦さんをサポートするための整体がございます。

では、何故当院の整体が妊婦さんにも最適な整体となっているのか?

その理由は・・・

①妊婦さんに負担のかからない姿勢で整体を受けられます
通常は、仰向け・うつ伏せ・横向きでの姿勢で施術を行いますが、妊婦さんの場合は仰向けと横向きで施術するのでお腹に負担がかかりません。
仰向けも苦しいという方には、横向きだけでもじゅうぶんに効果のある整体技術が当院にはございますのでご安心ください。

②ボキボキしたり、強く揉んだり・押したり・引っ張ったりということは一切行いません。
外部からの強い刺激は、母体にも赤ちゃんにも相当なストレスとなります。
強い刺激が加わると防御反応として体が緊張して硬くなります。こうなってしまっては、肩こりや腰痛が治るわけもなくかえって悪化させてしまうケースが多々あります。
足立区のくじん骨幹調整療法院の整体は、全体を通してソフトな手技で構成してありますのでご安心ください。

妊娠中の苦痛を和らげて、安心して出産ができるように足立区の整体院|くじん骨幹調整療法院をご利用ください。

産後の骨盤矯正は必要か?

産後の骨盤矯正は必要か不必要か?

その答えは・・・

「必要な場合と不必要な場合がる」です。

ようするに必ず骨盤矯正をしなくてはいけないというわけではありません。

妊娠中から出産時まではリラキシンというホルモンの効果で骨盤は開きやすくなります。
そして出産後は自然と骨盤は閉じてきます。
「出産後は骨盤が開きっぱなしだから骨盤矯正は必須!」ということはありません。

では、どういった場合に産後の骨盤矯正が必要となってくるのか?

①出産前から骨盤がズレていた
②妊娠中の無理な動作で骨盤がズレたまま骨盤が閉じてしまった
③骨盤が閉じきらない出産後1ヶ月の間に動き回ってしまい骨盤がずれてしまった

このようなことが原因で恥骨や脚や腰や肩の痛みがいつまでも取れない場合は骨盤矯正が必要になります。

出産後に体調がすぐれない方や、骨盤矯正が必要かどうかわからない方は、遠慮なくご相談ください。

出産前の体型に戻れるか?

妊娠中は徐々にお腹が大きくなってきて体型が変化するだけでなく、姿勢も変化しているのをご存知ですか?
お腹が大きくなってきて前にせり出しますのでバランスを取るために姿勢が変化します。

妊娠中の姿勢の変化と骨盤矯正

大まかに言うと、反り腰になってバランスをとるタイプと猫背になってバランスをとるタイプに別れます。
妊娠中はバランスをとるためにやむを得ずこのような姿勢になってしまいますが、出産してからもこの癖が抜けなくて体型が出産前に戻らないということに陥ります。

「出産してから半年以上経つのに、出産前に履けたジーンズやスカートが入らない・・・」

こういう事にならないためにも、産後1ヶ月以上過ぎたらストレッチや軽い筋トレなどをして元の状態に戻さないといけません。
妊娠中に伸びた腹筋と皮膚、力の抜けたお尻、丸まった背中と腰を元の状態に戻すためにはそれなりの努力が必要です。

しかし、筋トレやストレッチをやっているのに思った通りの効果が感じられないという方は当院へいらしてください。
整体が必要なほどバランスが崩れているのかもしれません。
整体で正しい方向へ誘導しながらストレッチや筋トレをしていけば出産前の体型に戻りやすくなります。

周辺地図

くじん骨幹調整療法院の周辺地図

こちらからGoogle Mapにジャンプします

〒121-0063
東京都足立区東保木間1丁目25-33

お車・自転車でお越しの方はお店の前に止めてください。

電車・バスでお越しの方はこちらをご覧ください。